稼げるキャバクラ嬢に求められる仕事とは?

他の仕事と比較するとやっぱりキャバクラは稼げる

誰でも出来る仕事ではない

綺麗なドレスを身にまとい、笑顔で接客をする華やかな仕事がキャバクラ嬢の仕事です。キャバクラ嬢には色々な方がいて、専業で働いて生活費を稼いでいる方もいれば、大学や専門学校などの学業の傍らで、空いた時間に働いているという方、昼間はOLとして会社で働きながら、夜だけキャバクラ嬢に転身されるという方もいます。

その働き方や拘束時間が多岐にわたることはわかりますが、キャバクラ嬢は月にいくら稼いでいるのでしょうか?週3回ほど入って働いている方で月20万円から30万円程になります。フルタイムで入っている方は、40万円から最高100万円稼ぐ方もいます。平均的には時給3000円というところが多くこの数字は全国平均になります。

もちろん何もしなければ3000円の高時給がもらえるわけではありません。女の子の仕事はお客さんをねぎらい、接待することが仕事ですから、接待してもらいたいとお客さんに思わせ、お店にその子を求めて来店してくれることが根底にある仕事です。お酒を作ることを仕事だと思っていては、高時給なんてもらえません。

お店にもいろいろなタイプがあり、女の子同士のトラブルを避けて働きやすい環境を作るために指名制を導入していない店もあれば、指名制を導入していているところもあります。指名が入るたびにランクアップして、給与に反映するというお店には人気があるキャバクラ嬢ほど高額を稼げるようになるのです。

逆に楽しく働くために指名制度を設けないお店(ごく一部ですが)は、2000円~2500円程の時給となり、キャバクラというよりもスナックに近い形態での仕事となります。お酒をついでお客様とお話するだけの楽な仕事と誤解されがちですが、お客様からセクハラまがいのことを言われたり、触られそうになったり、酔った客に急に怒鳴られたりと大変な思いもしなければならない仕事です。

アフターや同伴を義務化して評価の対象にしているお店もありますし、そうしたノルマをこなさないとお店に居づらくなるなどのケースもあるようです。だから一般的な仕事と比べると転職(ここでは退店の意)が多く、平均労働期間が3か月と言われています。ですが、3か月の労働では稼げるお金の額も決まってきますし、長く務めることで月のお給料が増えてくるのは目に見えていることです。

ですからお店に定着することが稼げるキャバクラ上の城跡と言えます。これからキャバクラで働こうと考えている女の子に働きやすいお店探しのサイトを紹介しましょう。一般的な媒体とは異なり、各店舗のメリットを事前に開示し比べることで、自分にとって働きやすいお店を探すことが出来るキャバクラ求人のメリくらを使ってみてください。

とにかく、やはり他のアルバイトに比べると、容姿のいい子や気配り上手、または愛想の良い女の子にとっては割の良い仕事と言えるでしょう。貴女も月収100万を手にするためのお店を頑張って探してみてください。

©2014 現実的にキャバクラ嬢はいくらくらい稼げるのか?